同じ大きさでも見え方が違う不動産物件

大きな家に住みたい、と思うのは多くの人の共通の願いです。しかし特に日本では、広大な土地を手に入れて大きな家を建てる、ということは困難です。ウサギ小屋と揶揄されるほど、日本の不動産物件は狭いのが現実です。 しかし同じ敷地、同じ延べ床面積の建物でも、広く見えることもあれば、狭く見えることもあります。少しでも広く見えるように見せる工夫も住まいづくりのひとつの楽しみと言えるでしょう。 例えば同じ100坪の敷地でも、敷地いっぱいに建物を建て、隣の家とほとんど距離がないような不動産物件は、実際よりも小さく見えます。逆に少し小さめの建物にして、周囲に植栽をすることで、開放感のある広い住まいに見せることができます。 不動産物件には建ぺい率、容積率といった建築基準法上の縛りがあるため、誰もがその範囲内でギリギリ大きな家を建てようとしますが、それがかえって逆効果になることもあります。不動産物件が数多く建ち並んでいる住宅街は、1つ1つの家がこじんまりと見えますが、大きな森の中に1棟だけ建っている建物は、それだけで広々と感じます。 日本で周囲に建物がない森の中に家を建てることは困難ですが、周辺の自然と溶け込ませることで広々と見せることは可能です。

山梨 不動産 3146 6/4

Copyright ©All rights reserved.同じ大きさでも見え方が違う不動産物件.